看護部について

  • HOME
  • 看護部について

大切にしているもの

私たちは、ヒューマンケアに根ざした科学的な看護実践をします。

  • 1. ひとの「命と尊厳」を守ります
  • 1. 根拠に基づいた看護実践をします
  • 1. 看護専門職として主体的に行動します

目指す方向

患者さまの利益を最優先に考え、効率的で良質な医療を提供する。

1.患者さま中心の良質な看護実践

2.看護要員の能力向上

3.魅力ある職場づくり

平成29年度看護部目標

1.看護専門職としての問題解決能力向上

  • 1 )臨床実践能力
        (1)状況判断能力が向上する
  • 2 )社会人基礎力を高める
  • 3 )組織を理解し、組織人としての自覚を持つ

2.安全文化の醸成

  • 1 )お互いに注意し合える風通しの良い人間関係を構築する
  • 2 )コミュニケーションを強化しチーム力をつける

3.地域に根差す看護力の強化

  • 1 )退院後の生活を見据えて看護を実践する
  • 2 )社会のニーズと環境の変化に対応し、社会・地域に貢献する

4. 看護の質向上による経営参画

看護部長・総看護師長メッセージ

歴史の中で培った高度な医療とケアに誇りを持って、皆さまをお待ちしています。

総合大雄会病院 看護部長 加藤みちよ

大雄会第一病院 総看護師長 清水輝子

地域のみなさま、医療職のみなさま、全国の看護学生さんへ、社会医療法人大雄会の看護部長・総看護師長としてごあいさつ申し上げます。

大雄会は、7年後には1世紀に届く長い歴史と実績を積み上げて、地域医療を支え続けています。救急医療においては、救命救急センターをはじめ、産科や小児科など、多くの医療機関が運営に苦心している分野を、工夫を凝らして積極的に取り組んでいます。 病棟は、やさしい絨毯の廊下や手入れの行き届いた家具調度などで、安心して療養していただける入院環境とケアをご提供しています。予防医療においては、「次もここで健診を受けよう」と思っていただける安心とサービスの行き届いた健診センターが、地域や事業所の方々の健康を増進していると 自負しております。また、老人保健施設や在宅サービス事業においても、地域のニーズに沿ったきめ細かなケアをご提供し、喜んでいただいております。

看護につきましては、7:1看護体制で質の高い安全・安心な療養のご支援をしています。看護のスペシャリストである日本看護協会認定看護師(がん化学療法・がん放射線療法・感染管理・手術看護・救急看護・集中ケア・がん性疼痛・慢性呼吸器疾患看護・認知症看護)を取得した看護師11名が現場で活躍し、今年度には新たに3名(救急看護、感染管理、乳がん看護)が加わる予定です。また、学会認定看護師として、糖尿病療養・呼吸療法・透析療法・回復期リハビリテーション・内視鏡検査など多数の看護師が活躍しています。糖尿病と慢性腎臓病・CAPD療法の看護は院内認定制度を設置して、より質の高いケアをご提供しています。

看護の質を高めるために構築された自慢の教育体制で、専門職としてキャリアアップを目指す看護師を支えます。
そして、歴史の中で培った高度な医療とケアに誇りを持って、皆さまをお待ちしています。

総合大雄会病院  看護部長  加藤みちよ
大雄会第一病院  総看護師長  清水輝子

  • 電話でのお問い合わせは 0586-24-8891(看護師 採用グループ)
  • エントリーフォーム
  • 資料請求・お問い合わせ