現場レポート

外来化学療法室

外来化学療法室イメージ1

外来化学療法室イメージ2

外来化学療法室イメージ3

外来化学療法室イメージ4

チームですすめるがん化学療法

みなさん、大雄会クリニック5階の化学療法室の看護師です。私たちは、月曜日から土曜日まで毎日、外科・内科など外来で行える化学療法を医師、がん薬物療法認定薬剤師、がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、医療事務、ケースワーカーと連携しながら行っています。

通院治療が継続できるように
私たち看護師は、外来で化学療法を行う患者さまが、不安なく安全に通院治療できるよう心がけています。具体的には、初めて外来で化学療法を受ける患者さまは、副作用や経済面が気になるほか、どんな場所で治療を行うのだろう?などいろいろ不安がでてきます。そこで私たちの出番です。化学療法室にご案内し、実際に治療する場所を見学、当日の流れなどを書いた用紙をお渡しして説明させていただきます。多くの患者さまが心配される治療費については、医療事務員やケースワーカーから高額医療の請求方法について説明を聞くことができます。また、来院ごとに自宅での生活を確認してアドバイスを行っています。

精神的な不安へのサポート
実際に治療が進んでいくと、副作用の出現や不安になることがあります。医師から聞いている副作用について治療中に患者さまのそばに腰をおろし、どのように対処していくかをお話ししていきます。使用する薬剤ごとに副作用があるため、作成したパンフレットを使用して個別に対応するように心がけています。不安や疑問に関しては、その場で解決できるように認定看護師、認定薬剤師の協力を得ながら活動しています。

化学療法室にはパンフレットも用意してあり持ち帰ることができます。特に女性の方にとっては、抗がん剤による脱毛は、悩みのひとつではないかと思います。化学療法室にはウィッグの展示もあり、実際に触れることができます。会社によっては、作成を病院に来院して行うことも出来ます。

化学療法を受けている患者さまの中にウィッグを購入した方がみえます。最初は外出するのがイヤとおっしゃってみえましたが、着用後は生き生きとした表情で外来に受診されて、外出も楽しみだと喜んでいただいております。私たちは化学療法室で患者さまとこのように関わりを持てていることを誇りに働いています。

ページトップ

  • 電話でのお問い合わせは 0586-24-8891(看護師 採用グループ)
  • エントリーフォーム
  • 資料請求・お問い合わせ