現場レポート

創傷・血管センター

創傷・血管センターイメージ1

創傷・血管センターイメージ2

創傷・血管センターイメージ3

創傷・血管センターをご存知ですか?

創傷・血管センター担当の看護師です。「創傷・血管センターってどんなことをするところなの?」と思われている方も多いのではないでしょうか。

私たちは、医師(血管外科・形成外科・透析科・放射線科・内分泌内科)・看護師(病棟・外来・透析センター)・臨床工学技士・臨床検査技師・管理栄養士・医療ソーシャルワーカーでチームを構成しており、ちょっとした手足の傷からの肢切断を回避することを目的に専門的な相談、足のケアの指導、傷の治療を行っています。血行障害に感染が加わると、難治性潰瘍から肢切断へと進行することがあります。最近特に持病に糖尿病がある方で、神経障害(糖尿病性神経症)により、足に傷が出来ても痛くないので気づくのが遅れ、下肢切断に至る方も増えています。

原則として治療は外来で行いますが、自宅での傷の手当の方法、自分でできるフットケア、日常生活における留意点など、医師と看護師が責任をもって丁寧に説明、指導しています。検査や手術が必要な時には入院をお勧めしています。その他、当センターでは、靴擦れ、ひび割れ、深爪、床ずれ(褥瘡)による傷のほか、足の裏のタコ(胼胝腫)、外反母趾などのご相談にも応じていますので、ぜひご連絡いただければ幸いです。

ページトップ

  • 電話でのお問い合わせは 0586-24-8891(看護師 採用グループ)
  • エントリーフォーム
  • 資料請求・お問い合わせ