トピックス

  • HOME
  • トピックス
2013/02/22

リハビリテーション病棟“季節ごとのイベント”

リハビリテーション病棟“季節ごとのイベント”イメージ

 回復期リハビリテーション病棟では、毎日のラジオ体操や毎週木曜日のレクリエーション、季節ごとのイベントなどを行っています。  写真は毎年行われているお花見です。出来る限り全員が参加して頂けるように何組かに分かれ、患者さまにマンツーマンで付き添えるように、看護スタッフだけではなくリハビリスタッフも一緒に参加します。 歩行や車椅子で、大江川まで行き、お花見をしながらお茶とお菓子を頂きます。花より団子な...

詳細はこちらから

ページトップ

2013/02/13

「各病棟で急変対応シミュレーションを行なっています!」

「各病棟で急変対応シミュレーションを行なっています!」イメージ

 現在、心肺蘇生を伴う急変対応シミュレーションを、各部署で行なっています。病室などを利用し、それぞれの部署で起こり得る急変場面を想定して、できるだけリアルな体験ができるようにしています。  急変対応シミュレーションを行なうのに先立って、一次救命処置や、急変時のチームコミュニケーションを含めた二次救命処置の指導者研修を行ないました。この研修を受けた各部署の担当者が、対象者に救命処置を指導し、シナリオ...

詳細はこちらから

ページトップ

2013/01/17

院内接遇インストラクター養成研修を受けて

院内接遇インストラクター養成研修を受けてイメージ

 院内接遇インストラクター養成研修を受講しました。 7月〜12月まで月に1回(合計6日間)開催され、多くを学びました。 身だしなみからコミュニケーション技術、コーチング、クレーム対応など盛り沢山な内容で、とても良い研修でした。 講師の小山美智子先生の講義も分かりやすく、グループワークでは他の参加者の意見が聴けて、多くの気づきがありました。 医療の知識や技術も大切ですが、「接遇」もとて...

詳細はこちらから

ページトップ

2013/01/07

看護を語る会に参加して

 3ヶ月に一度、「看護を語る会」を開催しています。 今回は20名ほどの参加者があり、ターミナル期の看護、特に家族との関わりを通して十分に関われなかった事例について考えました。  終末期で刻々と変わる病態、患者さまの意向、それを支える家族の気持ちなど、後追いで十分な看護ではなかったのではないか。鎮静を希望された患者さまとその妻のみで決定し、その場面に実母が不参加だったこと、事前説明が十分ではなかった...

詳細はこちらから

ページトップ

2012/12/28

新卒内定者懇親会が行われました☆

新卒内定者懇親会が行われました☆イメージ

12月16日(日)名古屋観光ホテルにて新卒内定者懇親会が行われました。 当日は、すべての職種の新卒内定者と病院スタッフが総勢70名近く参加しました。 これから一緒に働いていく仲間との最初のコミュニケーションの場です。 伊藤理事長からの励ましの言葉でSTART! 内定者ひとりひとりの自己紹介、お食事に舌鼓、わきあいあいと語りあいながら、内定者同士の交流を図る良い機会となりました。 看護師として働く自...

詳細はこちらから

ページトップ

  • 電話でのお問い合わせは 0586-24-8891(看護師 採用グループ)
  • エントリーフォーム
  • 資料請求・お問い合わせ