トピックス

  • HOME
  • トピックス
2013/12/25

第3回 看護を語る会

第3回 看護を語る会イメージ

 平成25年12月13日に第3回看護を語る会を開催しました。   今回の事例は「蘇生処置における看護師の役割について」でした。事例は、透析患者様で透析中に状態が変化し蘇生処置を受けながら入院されました。患者・家族からリビングウィルは確認できず長時間蘇生処置を受けていました。看護師は必死に処置を行いながらも、状態が変化しないことに複雑な思いを抱いていました。家族から最後に「長時間の延命処置ありがとう...

詳細はこちらから

ページトップ

2013/10/15

静脈注射研修を行いました

静脈注射研修を行いましたイメージ

 8月29日、10月2日の2日間、静脈注射を安全に実施するため、ハイリスク薬剤使用による基礎知識・技術習得を目的に、「静脈注射研修」が行われました。  静脈注射の特性・危険性を理解し、合併症とその対策について学ぶことができました。医療機器の管理では、普段患者様に使用している輸液ポンプ・シリンジポンプの使用手順を再確認しました。アラーム対応は何故そうするべきかを根拠を基に指導をして頂きました。  入...

詳細はこちらから

ページトップ

2013/10/11

メンバーシップ研修を終えて

メンバーシップ研修を終えてイメージ

 当院は、今年度より看護方式を固定チームナーシングに変え、各部署で主任・リーダーを中心に小集団活動を行ってきました。上半期の評価として、9月30日に小集団活動報告会を開催しました。  私も同研修を受講し、チーム目標の達成に向けての日々の取り組みや、今後の課題について発表しました。どの部署も患者様中心の目標を立て、計画に基づき着々と活動できている印象でした。固定チームナーシングが各個人にも浸透できれ...

詳細はこちらから

ページトップ

2013/10/03

第2回看護を語る会

第2回看護を語る会イメージ

 平成25年9月27日に今年度第2回目の看護を語る会が開催されました。   今回のテーマは「事例を通して抑制について考える」でした。倫理的な側面と身体拘束の3原則?切迫性?非代替性?一時性の観点から事例を振り返り、身体抑制における自部署の現状、患者様の人権という問題を抱えつつも安全を守らなければならないというジレンマに感じていることなど部署を越えて語り合いました。ドレーンが留置されている患者様の気...

詳細はこちらから

ページトップ

2013/08/21

高校生一日看護師体験研修を行いました

高校生一日看護師体験研修を行いましたイメージ

8月7日、高校卒業後の進路を看護学校に決めた高校生が、看護師の仕事ってどうなんだろう…と、目をキラキラさせて、期待に胸を膨らませて参加してくれました!   白衣を着るだけで高校生たちも気持ちが引き締まります。「憧れのナース服だー!!!」と更衣室では写真撮影大会が開催されていました。   体験では、グループに分かれて各病棟で看護現場の実際に触れてもらいました。  産科病棟や小児科病棟では新生児を抱っ...

詳細はこちらから

ページトップ

  • 電話でのお問い合わせは 0586-24-8891(看護師 採用グループ)
  • エントリーフォーム
  • 資料請求・お問い合わせ