welfare

採用メッセージ

歴史の中で培った高度な医療とケアに誇りを持って
みなさまをお待ちしています

総合大雄会病院
副院長兼看護統括部長

小森 和子

地域の皆さまから信頼される病院として
急性期から在宅、予防まで、看護の力が発揮できる病院です

 社会医療法人大雄会は、96年の長きに渡って、常に時代の変化に対応しながら、地域の皆さまから信頼される病院となるように努めてきました。
 現在、大雄会には、主として急性期医療を担う総合大雄会病院と大雄会第一病院、大雄会クリニックのほか、病状が安定し介護や・看護を必要とされる方に療養していただく老人保健施設、自宅での療養生活を支える訪問看護ステーションなどがあります。
 病院から在宅まで、「治す医療」から「治し・支える医療」まで、それぞれの分野で看護師の役割は重要になっています。皆さんの適性や、目指したい看護を実現するために勤務場所を選ぶことが可能です。

 就職後は専門職として必要な知識や技術、態度を身につけキャリアアップできるような教育体制を整えています。特に、新人ナースに対しては、指導ナース、実地指導者、先輩看護師などがチームとなって育てていく仕組みができています。さらに認定看護師や専門看護師など専門性を極めたい人に対する支援制度もあります。

 看護師は、とてもやりがいのある仕事です。患者さまから「ありがとう」と感謝されたときには喜びを感じます。病気と向き合い、病と闘う患者さんの最も身近にいて、寄り添い続けることは苦しいこともありますが、患者さま方から学ばせていただくことも沢山あります。看護師としても、人間としても成長できる職業だと思います。

 1年後、3年後、その先にどのような看護師になりたいか考えながら、大雄会で看護師としての一歩を踏み出してみませんか。私たちが、全力で支援していきます。