スペシャリスト

スペシャリスト

大雄会では、病院職員のまま、認定看護師、専門看護師、
診療看護師などの資格取得が可能です。

大雄会で活躍するスペシャリストたち

NP(ナース プラクティショナー)

  • クリティカルケア

特定行為研修修了者

認定看護管理者

認定看護師

  • 感染管理
  • 認知症看護
  • がん化学療法看護
  • がん性疼痛看護
  • がん放射線療法看護
  • 集中ケア
  • 救急看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
  • 慢性呼吸器疾患看護
  • 乳がん看護

※その他、学会認定看護師、院内認定看護師も多数活躍しています。

より多くの患者さまが安心し
納得のうえ、日常生活と社会生活と
両立させて治療を受けられるように。

がん化学療法看護
認定看護師

福 﨑Fukuzaki

なぜ認定看護師を目指そうと思ったのですか。
血液内科病棟で勤務していた時、がん化学療法を受けられる患者さまやご家族が、身体・心理・社会的な辛さを抱える姿を見て、少しでも苦しみを和らげて安心して治療を受けることができるよう、より専門的で質の高い看護を実践できる認定看護師を目指しました。
認定看護師を目指してから取得するまでの流れを教えてください。
愛知県立看護大学(現:愛知県立大学)看護実践センターの認定看護師教育課程を6カ月間受講しました。受講期間中は、約1カ月間がん専門病院で実習し、臨床の現場を通して学ぶことができました。その後、日本看護協会の認定審査試験に合格し資格を取得しました。
認定看護師になり、仕事に変化はありましたか?
現在は、緩和ケアチームに所属し、がんと診断された告知の時期から、治療期、終末期の患者さまとご家族へのケアを行っています。また、院内のがん看護の質向上に向けて研修を企画、運営し、教育指導を行っています。
現在の目標を教えてください。
より多くの患者さまが安心し納得のうえ、日常生活と社会生活と両立させて治療を受けられるよう、専門的な知識と技術を持って看護ケアを行える看護師を育成することが目標です。

救急医療の質を向上させるた
めに、
まずは自身のスキルア
ップを。

救急看護
認定看護師

山 本Yamamoto

なぜ認定看護師を目指そうと思ったのですか。
救急外来の仕事が好きで、救命救急センターの認可を受けたことをきっかけに、より高度な医療看護を提供するために、自身のスキルアップをしようと思いました。
認定看護師を目指してから取得するまでの流れを教えてください。
救命救急センターで経験を積んだ後、研修に行く予定でしたが、二次救急医療機関で勤務する看護師さんが資格を取得し活躍されていることを知り、養成学校に出願しました。仕事をしながら週2日通学し、学んだことをすぐに現場で実践することを1年間続け、資格を取得することができました。
認定看護師になり、仕事に変化はありましたか。
大きな変化はありませんが、救命救急センター内での実践や指導に加えて、院内全体で急性期医療や看護の実践をし、救急医療の質を向上させるための活動が増えました。

指導するという立場になり
より専門知識を得る事が必要だと
感じました。

集中ケア
認定看護師

西 尾Nishio

なぜ認定看護師を目指そうと思ったのですか。
ICUで数年勤務をした頃から新人やスタッフの指導的立場を担うようになりました。その際、根拠を持って理論的に説明するには、専門的知識を得ることが必要だと感じたことがきっかけです。もっと集中治療領域の知識を得たいという好奇心もありました。
認定看護師になり仕事に変化はありましたか?
医師やスタッフと患者さまのゴールを検討する際には、学んだ知識が活かされる場となりました。その他、看護部の全体研修を担当させていただいたり、全体的には、指導的立場としての関わりが多くなった印象です。
現在の目標を教えてください。
RRSを構築すべく準備を進めています。このシステムは、療養されている患者さまの急変を察知し早期に介入するためにRRSチームが患者様の基に赴く形になります。このような活動により、患者さまの病態の悪化を未然に防ぐことができればと考えております。